ある日、3歳の長男めぇ太が窓を見つめていました。
外は雨。窓から残念そうに外を見る長男めぇ太。「今日は雨だからお外行けないね」と声をかけると何かを掴んでは投げ、掴んでは投げするめぇ太。何してるの?と訊ねると「ここ(日焼け止めに描かれたイラスト)から太陽を引っ張り出してお外を晴れにするの」とのこと。一休さんなの?

好き好き好き好き!
好き!
好き!!
一休さんんん!!!

また別の日
どこかにいこうとするパパに向かってパパに向かって「遊ぼうよ〜どこに行くんだよ〜」と言うめぇ太。パパが「ちょっとトイレ掃除してくるから一人で遊んでてよ」と言うとめぇ太は「えートイレ掃除ならめぇ太がやってあげる!」と言う。しかし続けて「トイレをここに持ってきてくれたらね!」と部屋の床を指差す。やっぱり一休さんじゃね?
あわてない、あわてない。
ひと休み、ひと休み…
しかし、私が「じゃあ私がトイレ掃除しておいてあげるよ、トイレをここに持ってきてくれたらな!」と言うと旦那は私を引きずりトイレの前でぽいっと投げ捨てた。

♪母上さま〜…
お元気で・す・か〜?