長男にごはんを出したときの話。
ごはんだよーとめぇ太に食事を出した。白ごはん、鶏だんご、オクラ、しらすというラインナップだ。するとめぇ太は「これって死んでるお魚?」としらすのことをそんな風に言い出した。毎日ほぼ同じメニューなんだがしらすが鮭になった日も…
鮭を見て「これも死んでるお魚?」と聞いてきた。
さらに「ママが死なせたの?」と言ってくる。これはあれかな…お魚がかわいそうだから食べない!とか言い出すフラグなのかな…それは困るよ…と思っていたのだが…
「死なせたっていうか最初から死んでるのが売ってたから買ったんだーと言ってみると、「でもそれを包丁で切って火で焼いたのはママだよね?」とその通りなんだけど言い方よ!と突っ込みたくなることを言い出した。魚にひどいことする人みたいな言い方するやん!?
いいから早よ食べぃ!
めぇ太的には「切り分けて業火に焼かれた鮭」の方に残酷さを感じたみたいです。
でもそれが料理ってもんなんだよ〜?

いつもありがとうございます♪