私は漫画を読むときキャラクターに感情移入しつつその世界に没頭するのですが、急に現実に引き戻される瞬間があります。
ヒロインが走ってその場を去る場面で…
「待てよ、おい!」と彼氏か彼氏未満の男がガシッとヒロインの腕を掴む。
そして男は思う「細すぎる腕…!こいつちゃんと食べてんのか…?」と。この展開が来ると私は一気に現実に引き戻されます。
なぜなら私の場合腕を掴まれたところで「太すぎる腕!これ太ももか?」言われそれに対して「そうそうこの太ももが…って誰の腕が前足やねん」という展開しか想像できない。きっと細すぎて心配されることはないのだ。
あと何キロ痩せたら「ちゃんと食べてんのか…?」って心配してもらえるの?

食に関することでは「野菜も食べなきゃダメだぞ」くらいしか心配されませんねぇ。


ごっつぁんでした( ◠‿◠ )b