言葉につまるななせ


お久しぶりです。こんにちは。



みなさんご存知、among usというゲームは簡単に言えば人狼ゲームです。
インポスター陣営(人狼)とクルー陣営(人間)に分かれて、
インポスターは人間にまぎれつつ、その場にいる人間をkillしていけば勝利。
クルーはミニゲームをこなしつつ人狼っぽい怪しい奴を炙り出してなるべく多くの人間陣営が生き残れば勝利。
そんなゲームです。


↑めっちゃ早口で言ってそう(言ってる)



スマホアプリ、Switch、あとPCゲームでもリリースされているのでまだプレイしたことのない人はぜひやってみてください。

おもしろいよ!!



ゲームのトップ画面はこんな感じ


このゲームはオンライン対戦ができるので離れたところにいる友達や見ず知らずのどっかの国の人とも遊べるんですね。すごいですね。
スマホ版はまだ日本語対応していないので基本的には英語でプレイすることになります。。
Switch版は日本語対応してますよ♪


そんなamong usにありがちなこと…


あるある①
英語に戸惑う

↓会議中のゲーム画面
会議中のゲーム画面。英語がいっぱい
おぉ…みんなの会話が英語でどんどん進んでゆく…!

yellow susとか言われてるななせ。早く弁明しないと追放されそうな流れだ。
焦ったのちに「not me」と精一杯の英語を放つ。
頼む…!

私はクルー(人間)なんだ…!


しかし渾身の「not me (私じゃない)」もむなしく…

追放されました。そしてそれを見守る仲間たち。

英語で上手に言い訳ができないと、クルーなのにこんな風に追放されることもあるのがこのゲームだ。


でも実際は簡単な英語で何とかなるし、ニュアンスでほぼほぼ分かる。

どうしても分からないスラングなんかはあとで調べてみたり、次回から自分で使ったりするのも楽しいよ!



あるある②

英語以外にはもっと戸惑う


英語以外の言語で話し出す奴がおる。ロシア語、アラビア語、韓国語なんかを見かける。


世界中の国の人がプレイしています。

(インドとマレーシアが多い)


頑なに(英語ではない)自国の言葉を話し続ける猛者もいる。怖い。



そして話し合いの結果



容赦なく宇宙に追放される。


いや、お前らちゃんと意思疎通できてる!?笑


何で私???



…まぁこれは喋らなすぎるのも追放対象にされがちなので単語でもいいからとにかく喋るべし!という教訓だったのかもしれませんね。


例えば死体が見つかったときはとりあえず「where (死体はどこにあったの?)」と言ってみよう!





あるある③

自分の名前をimpostor (インポスター)、tanjiro (炭治郎)、NARUTO (ナルト)にしてる人々


ほんと一日に何回も見る。特にNARUTO。


↓よく見かける名前たち

IMG_9187



何となく炭治郎にはついていきたくなる。

でも私は炭治郎に「ずっと俺の後ろをついてきて怪しい!!」とか言われて吊られたことがあるからみんなも気をつけようね。




あるある④

インポスターになったときの手汗と動悸がすごい



IMG_9188

インポスター楽しいんだけどね。
killする瞬間は息切れするほど心臓が高鳴る!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

…長くなったので今回はこのへんで!

何かamong usの楽しさはあんまり伝わらなかったかもなぁ…





ありがとうございました