野良でAmong Usをプレイしたときのお話です。

★前回の話★

★最初から読む★



黄緑が抜けたことに気づき、おそらくインポスターだとバレたから抜けたのだと推測。
相方のインポスターがかわいそうだからクルーを2,3人つってあげたいなぁと言う紫。
スキップで会議は終了した。相方は今頃絶望しているんだろうなぁと思いながら紫は歩く。
ベントの上に立ちすくむ青を発見。何をしているのか見ていると…
ベントに入っていく青
すぐにまたベントから出てくる青
そしてまたベントに消えてゆく
ヤケクソのベント芸をしているんだなと合点がいく紫とそこにひょっこり現れた水色。
青のベント芸を二人でしばらく眺めた。
しかし水色は緊急ボタンへと走っていきボタンを押して招集をかけた。
何を言うのかと思えば「紫ベント」とのこと。
しかし直前に「クルーを2,3人吊ってあげたいな」という会話をしていたことを思い出す紫。水色は青が有利になるように少しでもクルーを減らそうという魂胆なのだと気付く。
迫真の演技で「相方の黄緑がつられて絶望してベントしてました。吊ってください」と言う紫。
案の定吊られてしまう紫だが心のなかで青を応援していた。
紫が吊られてもゲームが終わらないことにみんなは驚く。紫は我ながら名演技だったと自画自賛。


クルーのみんな!黄緑の相方は紫だって思っただろう?
…違うんだよな〜!!

つづく…