子どもが生まれてからトイレは開けてするようになった私。赤ちゃんの頃に長男が私の姿が見えないと泣いていたからというのがそのきっかけだ。
トイレにいる私にズリバイで寄ってくる姿がとても健気だった。
そして長男5歳次男3歳になった現在も平気でトイレを開けてしまうようになった。
あとにしてほしいようなダンスなどをわざわざ見せてくる。
私は意を決して一人でトイレをしたいことを二人に伝えた。
踊りながらもいいよーと快諾してくれた子どもたち。
あっさりとオッケーしてくれたので少々拍子抜けした。
これからは落ち着いてトイレができるのかぁと思ったのもつかの間…
トイレを開けたら真ん前に二人が座っていた。
トイレ前で待たれるとはこれまで以上に落ち着かない予感がする。

これ以後、私のトイレ中はトイレ前にて息をひそめるようになった息子たちであった。

子育てに完璧を求めちゃダメですからね。
扉を開けなくなっただけヨシ。

でも来年くらいにはもうちょい離れてくれてるといいなと思います。


さて…

Q.みなさんは獣人化されたことはありますか?

A.私はありまぁす…!
(獣人化とは…その人をイメージした獣とその人を混ぜてイラストにしてくれるという何とも風流なぽて山さんの企画です)

つい先日獣人イラストレーターぽて山さんに獣人化してもらいましたので見てください♪
↓↓↓
ぽて山さんの描いてくれた絵

おぉおおお…!!
私の特徴をとらえつつ、テン(いたちの仲間)と融合してくださってるーー!!

この色づかいとかさ、私のことをよく見てくださってるんだなぁ…!って愛を感じますよね。

めっちゃ嬉しい〜!

獣人イラストレーターぽて山さんのブログはこちら
↓↓↓絵が上手い&味のあるタッチ、そしてキラリと光るセリフ回しで日常が描かれています。
優しくて深いダシの旨みが鼻孔をくすぐる…まるで茶碗蒸しのようなブログです。


ありがとう!ぽて山さん☆